ソリティアリング

リング中央にシンプルに一粒のダイヤモンドを施したソリティアリングは、ダイヤモンドの美しさが最も惹き立てられる、婚約指輪(エンゲージリング)の代表的なデザイン。映画やドラマのプロポーズシーンでも登場するソリティアリングの婚約指輪(エンゲージリング)は女性の永遠の憧れです。
フランス語でソリテール【単独】という意味から名づけられ、凛として洗練された輝きをたたえる、ソリティアリングのいつまでも飽きのこない佇まいは永い時代を越えて婚約指輪(エンゲージリング)の中でも不動の人気を誇ります。

ソリティアリング

石座の高さ

ソリティアリングはシンプルなデザインだからこそ、細やかな部分のこだわりも際立ちます。ソリティアリングは一般的に立て爪タイプが主流ですが、ダイヤモンドが留まっている石座の高さは様々です。中央のダイヤモンドをグッと持ち上げるような高さのあるデザインは結婚指輪(マリッジリング)と重ねづけしたときもリングとダイヤモンドがぶつかりにくく、ダイヤモンドをより惹き立ててくれます。一方、石座が低めで指なじみの良いデザインは高さを押さえることで引っかかるなどの気遣いも少なくなり普段使いしやすいと人気があります。最近のデザインは少し高さを抑えたソリティアが主流になっています。地金の素材とダイヤモンドの輝きが共鳴し一体感のある美しさを表します。

石座高い 石座低い

ダイヤモンドを留める爪について

また、ダイヤモンドを留める爪の数6本爪もしくは4本爪どちらを選ぶかでも印象が大きく変わりますので、リング選びには大事なこだわりポイントです。
> 6本爪と4本爪の違いはこちら
爪の形も花のつぼみの様な流れるデザインの特殊爪や小さくシャープなカギ爪など、爪の形や留め方によってダイヤモンドの見え方にそれぞれ表情が出てきます。

4本爪 6本爪

ストレートラインとウェーブライン

ソリティアリングの婚約指輪(エンゲージリング)ではストレートラインがやはり王道といえますが、個性的なデザインをご希望の場合はウェーブラインもお勧めできます。ウェーブラインでも全体のフォルムがストレートに近いものは、重ねづけをお考えの場合も幅広いデザインの結婚指輪(マリッジリング)と組み合わせることができます。

ウェーブライン ストレートライン

ゴールド素材

ブリリアンス+の婚約指輪(エンゲージリング)はご注文いただいてから一つひとつお作りするセミオーダーメイドですので、シンプルなストレートラインのデザインを選んで、地金の素材にピンクゴールドやイエローゴールを選ぶという個性的なアレンジの組み合わせも素敵です。毎日身に着ける結婚指輪(マリッジリング)の素材はプラチナを選んで、異素材の婚約指輪(エンゲージリング)との重ねづけという楽しみ方もお洒落な組み合わせです。
> イエローゴールドとピンクゴールドの婚約指輪はこちら

イエローゴールド ピンクゴールド

婚約指輪の代名詞とも言えるソリティアリング

婚約指輪(エンゲージリング)の代名詞とも言えるソリティアリングは、ブリリアンス+の婚約指輪(エンゲージリング)のランキングでも20位以内の約半数を占め、婚約指輪(エンゲージリング)を贈られる女性にとって憧れであるのはもちろんのこと、婚約指輪(エンゲージリング)を贈る男性からの支持も得ています。 王道だからこそ、たくさんこだわってお相手様への想いを込めて贈ることができるソリティアリング。おふたりの大切な絆となるこだわりのソリティアリングの婚約指輪(エンゲージリング)を見つけてみてください。

ソリティアリング
ソリティアリング おすすめ商品紹介

よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ