10. 婚約指輪のリングデザインと素材

婚約指輪に使用されている素材一覧

プラチナ PT

婚約指輪のプラチナ

熱や酸に強く、品質が安定している素材として、人気がある素材です。
高純度の為日常生活においても変質・変色する心配がなく、白い輝きが失われません。ブリリアンス+ではPT900(純度90%)、PT950(純度95%)を取扱っています。

プラチナのリングを探す プラチナについて プラチナとホワイトゴールドの違い

ホワイトゴールド K18WG

婚約指輪のK18ホワイトゴールド

白色の金属を加えた、シャンパンカラーのゴールド素材。仕上げにロジウム(白金属で最も白い金属)でコーティングを施し、自ら輝く様な温かみのある白さが特徴であり、清楚な白の輝きは、ブライダルの王道です。

ホワイトゴールドのリングを探す

イエローゴールド K18YG

婚約指輪のK18イエローゴールド

ごく一般的な金色のゴールド素材です。さびない不変性がブライダルジュエリーとして好まれ、耐久性にも優れます。
強い輝きと色彩の持つニュアンスがファッショナブルに指元を演出します。

イエローゴールドのリングを探す

ピンクゴールド K18PG

婚約指輪のK18ピンクゴールド

金に銅や亜鉛を加え,絶妙なピンク色を出したゴールドです。ゴールドベースのリングは、さびない不変性がブライダルシーンで好まれ、日常の使用にも耐えうる耐久性をもっています。
可憐な色からレッドゴールド・ローズゴールドとも呼ばれることもある、肌なじみの良い、優しいピンク色が女性に人気のカラーです。
※ピンクゴールド婚約指輪は、サイズお直しの範囲が原則±1サイズまでとなります。それ以上のお直しになる場合、新品にお作り直しとなる場合がございますのでご相談ください。

ピンクゴールドのリングを探す

コンビネーション

婚約指輪のコンビネーション

コンビ・カラーコンビネーションとも称し、意匠の一部やリングの外周と内径など、ひとつのジュエリーに複数の地金をあしらいます。
色味の違いによってコントラストが出るので、リングデザインやサイドストーンによってまた印象が華やかに注目を高めます。

コンビネーションのリングを探す