8. クラリティ

クラリティとは、
ダイヤモンドのインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(疵)の程度を表します。

ダイヤモンドは地球内部の地下深く、極度な高熱と圧力のもと形成されます。そのため多くのダイヤモンドには、内部に不純物(インクルージョン)が含まれ、表面にはさまざまな瑕(キズ:ブレミッシュ)などの独特の特徴があります。
クラリティ(透明度)は、これらの内包物や瑕が相対的にどの程度少ないかを評価する基準です。
自然界では全く欠点のない完璧ダイヤモンドは殆ど存在しないのですが、4C基準では10倍拡大下で観察することを条件としてフローレス(無傷)からIクラス(欠陥)までを評価をします。

ダイヤモンドの内包物(インクルージョン)は、ダイヤモンドが地中で形成される際の、他の鉱物の結晶などの異物、裂け目や割れなどの結晶構造の歪みあとなどがあります。それら内包物がダイヤモンドの表面まで達して疵になることもあります。
疵(ブレミッシュ)はダイヤモンド表面の擦り傷や欠けなどをいいます。

クラリティ評価が低く欠点の多いものは、輝きや時に損傷に影響をおよぼす場合がありますが、それらはIクラスグレード以下に稀に当てはまります。
SIクラス、もしくはVSクラス以上であればその影響はありません。

多くのダイヤモンドの原石には、内包物や外観の欠点が存在するため、それら欠点を避けながら研磨を施します。そのため歩留まり(重さ)を犠牲にすることも多く、欠点の無いダイヤモンドはそれだけ貴重性も高まります。
一方で、内包物は天然ダイヤモンドとそのダイヤモンドのオリジナリティとしての証になるため、それら特徴は起源を認識することにも役立ちます。

クラリティグレードについて

4Cのダイヤモンドクラリティスケールは、厳格な基準のもとに6つのカテゴリーに別れ、カテゴリー内でも細分化され合計11段階で評価されます。

クラリティのグレード

クラリティグレードを評価する際、10倍に拡大したときに見えるクラリティの特徴の大きさ、性質、位置、色、レリーフ、量などが考慮されて決められます。

ブリリアンス+がお取り扱いするクラリティグレード

FL:フローレス または エフエル

Flawless:外部内部無欠点を指します。
熟練のグレーダーが10倍に拡大検査しても内部、外部共にいかなる内包物、疵などの欠点を確認することが出来ない最高評価のクラリティです。
ジュエリー業界人でさえ見たことがない人も多いといわれる一般の市場では殆ど流通することがない極めて希少価値の高い品質です。

IF : アイエフ

Internally Flawless:内部無欠点を指します。
熟練のグレーダーが10倍に拡大しても内部には内包物など欠点を見つける事は出来ません。
外部に非常に微細な痕等が確認出来ます。FLと並ぶ市場に流通している中では最高品質のクラリティグレードです。

VVS1 : ブイブイエスワン

Very Very Slightly Included 1:ごくごく僅かな内包物を指します。
熟練のグレーダーが10倍に拡大して内包物などを確認しても判別は極めて困難、普通に見えることはありません。
一般的に流通している品質としては非常に優れた最高クラスのクラリティグレードです。

VVS2 : ブイブイエスツー

Very Very Slightly Included 2:ごくごく僅かな内包物の評価の中でも次点の評価の格付けを指します。
熟練のグレーダーが10倍に拡大しても内包物などを確認することが非常に困難で、普通に見える事はありません。
一般的に流通している品質としては非常に優れた最高クラスのクラリティグレードです。

VS1 : ブイエスワン

Very SlightlyIncluded 1:ごく僅かな内包物と評価される品質で、熟練のグレーダーが10倍に拡大して内包物などの確認が困難なグレードです。
一般の方が10倍に拡大しても内包物等を確認する事はもちろん、肉眼で確認することも出来ません。一般的に流通している品質としては非常に優れた最高に近いクラリティグレードです。

VS2 : ブイエスツー

Very Slightly Included 2:ごく僅かな内包物の評価の中でも次点の評価の格付けを指します。
熟練の鑑定士が10倍に拡大して内包物などの確認も難度が高く、一般の方が10倍に拡大しても内包物等を確認する事は非常に困難です。肉眼での確認は出来ない優れたクラリティグレードです。

SI1 : エスアイワン

Slightly Included 1:僅かな内包物と評価される品質です。熟練の鑑定士が10倍に拡大すると内包物などを確認する事が比較的容易ですが、肉眼では確認できません。
一般の方が10倍に拡大して見ても内包物などを判別する事はやや困難です。

SI2 : エスアイツー

Slightly Included 2:僅かな内包物の評価の中で次点の評価を指します。10倍に拡大した場合、一般の方でも比較的容易に内包物などを確認出来ます。
比較的サイズの小さな0.5ct以下のものは肉眼で欠点を確認することは出来ないことが多いが、それ以上のサイズになると、稀に肉眼でも内包物の確認が出来るものもあります。

I1、I2、I3 : アイワン、アイツー、アイスリー

Included:内包物や疵などの欠点は肉眼でも容易に確認ができ、透明度や輝きに影響を与える可能性あります。
肉眼で疵などが確認できる品質の目安になるため、多くは鑑定書などが付属しない品質になります。婚約指輪で使わることは少なく安価なファッションジュエリーなどに多く用いられる品質です。
※ブリリアンス+ではお取り扱いはありません。

Buyers Guide : クラリティ

「市場に殆ど流通することが無いFLAWLESS(フローレス : FL)やIFはその高い希少性から大変魅力的で高貴な品質といえます。

無傷・無欠点なダイヤモンドは純粋・無垢、誰にも汚されていない象徴として、ダイヤモンドの大きな魅力の一つです。一方で肉眼での美しさであればFLAWLESS(FL : フローレス)からVSクラス、SIクラスのものでも見た目は殆ど変わりません。

10倍の拡大鏡でみても、VVS1-2、VS1はダイヤモンドのエキスパートでも容易に欠点を確認することは出来きません。一般の方がVVS1-2、VS1の欠点が簡単に確認出来たとししたら、それは間違いなくVVS-VS品質ではないと断定できます。
これらクラリティの基準は厳格に決められているので、欠点が確認できるということは基準外となるわけです。

VS2であってもエキスパートが慎重に観察しないとわからないレベルのものも多く存在します。
その為、VVS-VSクラスが限りなく欠点の少ない(微細な)品質なため、「純粋・無垢」の象徴として婚約指輪に最も多く選ばれる品質の理由なのかもしれません。

一般の方が10倍拡大鏡で容易に内包物などの確認ができ始めるSIクラスも肉眼ではほとんど確認することはできません。

0.5ct以上の比較的大きなサイズのSI2では肉眼でも確認できる場合がありますが、SI1ではその割合は更に低くなり肉眼では殆ど疵を確認することは出来ません。VSやVVSなどは希少性も高く高価になりますが、見た目は価格の程の違いありません。
VS2とSI1との品質差は僅かな内包物の有無なのですが、価格面の隔たりはあります。クラリティはSI1を選択して、大きなカラットや上質なカットなどを選ぶのも見た目重視の婚約指輪を選ぶ方法の一つです。