4. 2C+2Cという考え方

肉眼でその違いが判別しやすいものはカラット(大きさ)とカット(輝き)です。

ダイヤモンドを評価する4Cの中でも、
肉眼でその違いが判別しやすいものはカラット(大きさ)とカット(輝き)です。
カットが高評価のものであればダイヤモンドの繊細な美しい輝きを十分に楽しめます。
カラットは見た目そのもの。少しでも大きなダイヤモンドはその輝きと迫力に魅了されるはずです。
カラーとクラリティ(透明度)は一般的には違いを見分けるのはむずかしいので、
ダイヤモンドを選ぶ際は、カットとカラットの2Cに重点をおいてお考え下さい。

婚約指輪の2C+2C

カラーについて

カラーは、一般的に無色透明なほど稀少価値があり評価が高いとされ、
透明感ある白く輝くダイヤモンドは大変魅力的です。
しかし、カラーグレーディングは判別が大変難しく、熟練の宝石鑑定士が適切な光源下で
いくつかの「JJA/AGL認定マスターストーン」との比較によって、
はじめて区別がつく極めて微妙なものです。
色は光の環境によって見え方が違ってみえるため、
ましてや指輪などにセットされ一般的な生活環境では見分けがつかないほどです。
GIAのカラースケールでは

D E F = 無色(colorless)
G H I J = ほぼ無色(Near Colorless)

とされていますが、実際のダイヤモンドをみるとDEFGは無色で、Hくらいから黄色味を帯びてみえます。
世界的に有名なジュエリーブランドでも婚約指輪に使うダイヤモンドはIカラーまで使用しています。
透明感のある無色の婚約指輪ダイヤモンドをえらぶのであればGカラー以上を目安に選んでください。

婚約指輪 ダイヤモンドのカラー説明

クラリティについて

クラリティ(透明度)は無傷のものが理想的ですが、
肉眼での美しさであればFL(フローレス)からVSクラスのものであれば見た目は同じです。
クラリティは、お求めになるダイヤモンドに対しての価値観によるところが多い要素とお考えください。

婚約指輪 ダイヤモンドのカラー説明