ダイヤモンドへの旅

  1. ダイヤモンドの故郷を訪ねて
  2. ダイヤモンドの集積地、ムンバイ
  3. ダイヤモンドのルーツ、スーラト
  4. ダイヤモンド研磨工場

スーラト

  • インド経済の中心地「ムンバイ」から世界の9割近くのダイヤモンドが加工されていわれる「スーラト」へ出発

  • インド人!

  • 車内サービスでインスタントコーヒ

  • 満員の一等車

  • キヨスク@インド

  • 朝のラッシュアワー

  • カメラを向けるとみんなよってくる。

  • スーラトのホテルから

  • スーラト・マヒーダルプラ・ダイヤモンドマーケット Surat Mahidharpura Diamond Market。ムンバイは現在世界のダイヤモンド流通で最も重要で大きな存在です。そのムンバイのダイヤモンド研磨加工を一手に担っているのがスーラト。まさに、ダイヤモンドの故郷のような町。スーラトには数十万のダイヤモンド研磨工、取引人が働いています。

  • 人で前が見えない...

  • 人、人…

  • 人、人、人…男、男、男…

  • エリア中の路地を埋め尽くすダイヤモンドブローカー

  • カメラを向けるとみんな陽気に声をかけてくれる

  • ダイヤモンドバイヤー

  • 路上脇に小さな机を構えて、ダイヤモンドのオファをまつバイヤー

  • 市場中の建物内もバイヤーデスクが並んでいます。

  • ダイヤモンドバイヤー

  • 拡取引がうまくいったのかな…

  • スーラト・ダイヤモンドマーケット街の一室、男の職場の活気が伝わりますか?(男しかいません…)

  • タトー紙の中にダイヤモンド!

  • 様々な大きさのメレーダイヤモンド。 ルーペとピンセットは必需品。

  • 工事現場みたいだけどここでも取引中

  • c軒下も特等席だったり

  • 4畳半ぐらいのスペースに15人ぐらい取引してます。

  • 検品中

  • 豆売り

  • ずーと先まで人だらけ

  • インドで最も人気のある神様「ガネーシャ」

  • 日が暮れてようやく人もまばらになってきた。

  • ダイヤモンドバイヤー

  • インド人は豆好き

  • 市場の裏通りは男たちの喧噪が嘘のように静か、女たち、子供たちがゆっくりとした時間を過ごしているのが印象的です。

  • おばあちゃんと一緒に


よろしければご感想をお聞かせください。

このページのTOPへ