電話 カート
ブライダルノート

なぜ婚約指輪を贈るの? その意味は?

プロポーズの時になぜ婚約指輪(エンゲージリング)を贈るのでしょう!?
結婚指輪(マリッジリング)には、夫婦の誓いや永遠の愛といった意味があります。では、それより前の段階でプロポーズの際に渡される婚約指輪(エンゲージリング)にどのような意味があるのでしょうか?

プロポーズの前に知っておきたい、婚約指輪を贈ることに込められた意味や想いについてご紹介していきます。

婚約指輪のルーツ

男性から女性へと、婚約の証として渡される婚約指輪とはどんな意味があるのでしょうか。
まず、婚約よりも結婚の証として指輪の交換がはじまったのは古代エジプトと言われています。エジプトの象形文字で「結婚」は円で描かれ、永遠に途切れぬものを意味しています。

指輪の円形にその意味を重ね、これを交換することで愛を永遠のものにしようと考えたようです。
一方で、婚約指輪のルーツは古代ローマにもあります。古代ローマでは、約束の履行を誓うしるしとして鉄の輪を使っていました。
これが次第に結婚指輪、そして婚約指輪の意味として定着していったのです。

婚約指輪を最愛の人に贈るのは、永遠の意味がこめられているようですね。

また、婚約指輪を左手の薬指につける意味も古代エジプトの言い伝えからとされているようです。女性の左手の薬指には心臓につながる太い血管がまっすぐに通っていると信じられていました。心臓、つまり「心(感情)」とまっすぐにつながっている薬指に婚約指輪をつけることで、愛する女性の心をつなぎ止めておこうという意味が、込められているものだそうです。
それが時代を越えて、日本でも習慣として定着しています。 婚約指輪をつける指にも、その歴史と意味があったのですね。

ダイヤモンド付きのリングはいつから?

時代が中世に入ると宝石をあしらった婚約指輪が登場します。初期はルビー、サファイヤなどが使われたようです。
現在の婚約指輪でメジャーなダイヤモンドが使われ始めたのは1477年、後のローマ皇帝マクシミリアン1世がブルゴーニュの公女マリーにダイヤモンドを配したリングを贈ったのが最初だと言われます。
このように起源の古い婚約指輪ですが、日本で婚約指輪が普及し始めたのは、欧米のライフスタイルが一般的になっていく戦後の1950年代後半からだそうです。

婚約指輪を贈ろう

婚約指輪は、形のない「二人の愛の絆」の象徴であり、男性から彼女へ永遠の愛を誓った“証”の意味もあるのです。
婚約は結婚を約束すること、婚約指輪はそれを証明する意味のあるもの、というわけなのです。

そして、婚約指輪をつけることは、周りの人へ結婚の意思を伝える意味もあります。
女性からすれば、一生に一度だけ愛する人からもらえる「特別」な意味が込められた指輪、それが婚約指輪です。

婚約指輪を探す

婚約指輪に関して有名なエピソードとして「婚約指輪は給料の三ヵ月分」というものがありますが、これはジュエリー会社が広告で使ったキャッチコピーです。 無理をして高額なものを購入しなくても、婚約指輪を用意するという行動に意味があります。
「あなたとの愛を永遠に誓います」という決意表明として、身の丈にあったものを贈れば、女性はきっと喜んでくれるはずです。

婚約指輪は誓いの固さや永遠に続く愛の意味を込めて、ダイヤモンドがセットされているものを選ぶ方がほとんどで、とても高価なものです。万が一なくしたり、傷がついてしまうことを恐れて、タンスの中にしまいっぱなしにしている人が多いのも事実ですが、最近では日常使いにもできるデザインの指輪も増え、またフォーマルな場では結婚指輪と重ねづけもできます。
あらかじめ彼女が好きなテイストやデザインをリサーチしておいて、彼女らしい婚約指輪を選ぶのがいいですね。

ブライダルノートTOPへ

よろしければブライダルノートについてご感想をお聞かせください。